さいたま市南区・南浦和周辺の賃貸アパート・マンション情報|株式会社宮川不動産 お部屋探しの前に
お部屋探しの前に

家賃の目安と初期費用 

一般的に自分の収入の1/3くらいが家賃の目安といわれています。家賃と管理費、お車をお持ちならば駐車場料金も含めて金額を設定しましょう。
また、お部屋を決める際に発生する契約金にも関わってきます。ざっと見積もって家賃の6か月分がかかります。
内訳は、敷金2ヶ月、礼金2ヶ月、仲介手数料1ヶ月、前家賃1ヶ月です。それに加え、住宅保険やカギ交換代などがかかる場合もあります。
6万円の家賃なら初期費用として40万円くらいがかかりますので、そういった点もしっかり考慮しましょう。

物件へのこだわり 

1) 物件の種別
アパート・マンション・戸建など大きく3種類に分類されます。やはり相場的にマンションの方が賃料が高いといわれています。外観もきれいだし音も響かない!といったイメージがありますが、すべてがそうとはいえない場合もあります。
2) 間取
Kはキッチン、Dはダイニング、Lはリビング。1LDKと2DK、専有面積は大差はありません。1部屋をリビング代わりに使えたりしますので、条件を広めに設定することをオススメします。
3) 築年数
築年数が若いものがきれいとも限りません。フルリフォームして新築同様なんて物件もあったりします。築年数ばかりに気を取られず、図面や文面もよくチェックしてみましょう。
4) 最寄り駅と家までの距離
やはり急行や特急の停まる駅は人気が高いので家賃が高かったり物件が少なかったりします。ひとつ隣の駅などもチェックしてみると意外とイイ物件が残ってることも!徒歩1分は約80メートル。大人の男の人が歩くスピードぐらいです。
5) バス・トイレ別
一人暮らしの希望条件で一番多いのがコレ。バス・トイレ別は家賃が少し高めになると思ってもいいでしょう。
6) 和室・洋室
『フローリング希望』はやはり多いのですが、フローリングではない洋室もあるので要注意。カーペットとかCFなどがそう。
CFなどは見た目はフローリングなので図面を気をつけてチェックしてみよましょう!床に座ってする生活なら和室もなかなか快適です。
7) ペット可・楽器可
この条件が一番難しい!物件自体の数が少ないので、コレを選んだ場合、他の条件を付け加えると物件が見つからないこともあります。

物件を見てみましょう 【室内のチェック】

 1) 日当り・風通し
南向きにこだわらずとも、明るいお部屋などもありますのでよくチェックしましょう。窓を開けてみて風通しも確認しておきましょう。
2) 防音
お隣さんや上下階からの音もそうですが、外からの騒音(道路・線路・近隣施設)などもチェックしましょう。
3) 眺望
眺望が良いことも大切ですが、お部屋の中が外から除かれ易くなっていないかもチェックしましょう。
4) 設備
照明などは既に設備されている物件とそうでない物件などがあります。その他にもどんな設備があるのか(エアコンやコンロなど)、しっかりチェックしておきましょう。
5) 広さ・天井の高さ
お部屋に入れる家具などが納まるのかどうかチェックしましょう。メジャーなどを持参して図ってみてもいいでしょう。
6) テラス・バルコニー
中にはバルコニーやベランダのない物件もあります。しっかりチェックしましょう。
7) 収納
自分の荷物に合った収納なのかを判断しましょう。
8) コンセント等
コンセントの位置や数によって電化製品の設置も変わってきます。
テレビのアンテナや電話のモジュラージャックの位置なども同時にチェックしておきましょう。

周辺環境の確認 

1) 買い物の利便性
コンビニやスーパー、自動販売機なども近くにあるかチェックしましょう。
2) 駅までの距離
図面に表記されている駅からの徒歩分数、これは通常「80m=1分」として表示されています。女性の場合は、帰り道が暗くないかどうかなども歩いてチェックしてみてもいいでしょう。
3) 駐車場
敷地内にある場合と敷地外の場合があります。敷地外の場合、お部屋からどれくらい離れているのかはしっかり把握しておきましょう。
4)駐輪場
建物によってはない場合もありますので自転車を使用する方はチェックが必要です。また原付や中型バイクなどは、駐輪場に置けないことが多いので、あらかじめ駐車可能かどうか確認しておくことが大事です。
5) ゴミ置き場
ゴミ置き場の場所は建物によって決められていますので、どこに確保されているのか、しっかりチェックしましょう。
6) 昼と夜の違い
昼と夜では、周辺の雰囲気・町の雰囲気などが違う場合が結構ありますので、下見当日にチェックできない場合は、後日あらためてチェックしておくべきです。

契約手続きの流れ【入居申込み→入居審査→家賃の発生日→書類→契約】

1) 入居申込み
物件を決定したら、いよいよ入居申込みです。当日はわかる範囲で項目を埋めればOKですが、申込書は必要項目をすべて埋めた段階で申し込み完了となります。埋められなかった項目は翌日までに確認し、FAXなどで忘れずに送りましょう。
2) 入居審査
上記の入居申込書は、不動産会社から貸主様へわたり、「入居審査」が行われます。物件の入居において借り手として、ふさわしい人物かどうか、勤務先・収入・キャッシングの延滞履歴など、様々な面から審査されます。この「入居審査」により、入居可能という結果になって初めて、契約書を交わすことになります。およそ1~3日かかります。
3) 家賃の発生日
賃貸物件は、大体が申し込みを入れた日から1週間から10日で家賃が発生します。これ以上先になると、『もっと早く入居できるお客様へ』と大家さんから断られてしまいます。なんとか伸ばしても2週間が限度。
それ以上を越える場合は申し込みを考え直したほうが良いでしょう。
4) 書類
契約にあたり、契約金のほかに、用意していただく書類がいくつかあります。物件を管理する不動産屋さんによって必要書類はさまざまですが、一般的には下記のような書類が必要になりますので、あらかじめ揃えておきましょう。
・入居者…住民票・身分証明になるもの・収入証明になるもの・印鑑等
・保証人…保証人承諾書(管理会社より書式が渡されます)・印鑑証明証等
5) 契約
契約は管理会社にて行うことがほとんどです。約束された時間に送れずキチンと伺うようにしましょう。
また、契約のほかに入居に際しての細かな説明などもありますので、時間には余裕をもっておきましょう。